株をやっていると「世界に興味が湧いて、世の中のほんの少ーしずつだけど動きがわかるようになるぞ!」と言われたので、日本国内はもちろん世界にも目を向けてみようと思い株を始めてみました。

2017年04月の記事一覧

中小企業オークマの株価について

中小企業となるオークマの株価は、出来高が大きく変動することによって変動幅が大きくなっています。けれども下値が限定されていることから、安心して保有できる銘柄であることがわかります。大きく値を上げた後に反動で下げても、下値ラインは割らないのがこれまでのパターンです。通常ならば移動平均線を支持線として動くものなので、この下値を限定する動きというものは株式を保有する投資家の影響が大きいと見ることができます。ただし気になるのは、上げ幅が次第に小さくなっていることです。これは上値も押さえられていることを表しているものですが、世界経済が軟調に推移していることを背景にしているとも考えられます。1株あたりの利益から考える理論株価よりもかなり低い価格となっていることから、割安感はあります。けれども株価のテクニカル的な動きは軟調を見せていますし、また長期移動平均線を短期的移動平均線が下に抜けるデッドクロスを形成しながら再び株価そのものは下値に迫っています。これをさらに下に抜けるとなれば、長期的な下げ相場に突入することも予測されます。一方で信用取引をみてみると、信用売りが減少していることに対して、信用買いは徐々に増えています。これは割安感による買い安心感によるものと見られますが、地場となる相場全体は軟調となっているのが気になるところです。ただしその中で円高が進んでいることから、日本の市場への期待感もあることがわかります。その中で個別の銘柄を物色する動きがあるとすれば、オークマの割安感に注目されれば、これから大きく上昇することも考えられます。いずれにしても、長期的な視点で見ると安心して保有できる銘柄であることはわかります。

続きを読む