株をやっていると「世界に興味が湧いて、世の中のほんの少ーしずつだけど動きがわかるようになるぞ!」と言われたので、日本国内はもちろん世界にも目を向けてみようと思い株を始めてみました。

太陽光発電関連株は有望、森精機は自社工場でも生かす

電力自由化やクリーンなエネルギー待望論の中で、太陽光発電システムがとても注目されていますが、太陽光発電は非常に裾野が広いですから、いろいろな業種の企業が参入しています。今まで太陽光発電とは関係がなさそうだったところが、調べてみると実は最近参入していたという可能性もありますから、株式に投資する際には気をつけておくことです。関連が多い業種で言いますと、まずは電力会社です。電力会社によって、火力発電が多いとか水力発電が増えているなど個々に特徴がありますが、太陽光をどれくらい扱うようになっているのかには随時注意しておくことが必要です。次いで住宅会社や不動産会社です。個人の一戸建てやアパートの屋根からメガソーラーまで、その会社によっていろいろな個性がありますので、会社ごとに、最近ではどのような製品に力を入れているのかを見ていくのが大事です。また、商社は外国との輸入輸出を含めてあらゆる太陽光発電事業にかかわれますので、今これを重要視しているところはどこか、にも注目必至です。最近太陽光発電で話題となっているのがDMG森精機です。DMG森精機はもともとは工作機械の大手ですが、太陽光発電システムに参入できるように定款も変更されました。現在はその技術を生かして太陽光パネル向けの太陽光追尾システム、電気を貯めておくための二次電池の部品などの製造で活躍しています。このように、以前は手掛けていなかった事業に最近新しく参入しているという企業は他にも多いですので、投資の際には常に気をつけておきます。なおDMG森精機では、太陽光発電システムを自社内でも生かすため、自社工場にシステムを導入してコスト削減を行なっています。海外にも工場がありますが、そこでも太陽光を利用して役立てています。